●プロジェクト始動のきっかけ、思い

 

2010年、明治書院より『親子で楽しむ こども俳句塾』を刊行する機会を得ました。内容は、俳句の成り立ちから、俳句実作のヒントや句会のやり方など、知識だけでなく、俳句の楽しみ方を説明した一冊です。十代で試行錯誤しながら俳句を始めた経験をもとに、ライフワークとしている、俳句ワークショップのなかで伝えてきたことを、形にすることができました。

 

ちょうど句歴二十年の節目でもあり、新しい一歩として、子供たちや初心者の方たちを対象に、俳句実作の楽しさ、言葉の力を伝えようと続けてきたワークショップを、海外でもやってみたらどうだろう、と思い立ちました。海外で日本に興味を持つ方たちにも楽しんでもらえるのでは、と思ったのです。

 

日本の美意識が凝縮されている俳句の形式や、季語を身近に感じてもらうことで、日本の美意識や日本人の思考について、具体的に触れる機会になる、と考えました。

 

俳句は世界で最も短い詩として、各国で知られています。たくさんの国々で、それぞれの言語で楽しむ方たちも大勢います。そのような、日本を、日本の詩を愛してくれている人たちに会ってみたい、とも思いました。

 

海外でのワークショップも、これまでと同様に、一対一のコミュニケーションを大切にしています。一度にたくさんの方を対象にはできませんが、深く密なやりとりを通して、一生の記念になるような、大切な一句を生み出すワークショップです。

 

まさに「座の文芸」である俳句にふさわしい、俳句との出会いの場であると感じています。人と人、言葉と言葉の出会いから、一句が形成されていく。そんな、俳句ならではの素敵な瞬間を、たくさんの人に届けたい、という思いで活動しています。

 

 このプロジェクトを応援していただけたら、とても幸せです。俳句を通してつながる「俳縁」が、日本中に世界中に広がるよう、祈っています。

 

 

●ワークショップでの醍醐味、伝えたいこと

 

ワークショップで生まれた俳句は、わたしにとっても宝物。それは、作者にとってのかけがえのない一句であると同時に、生まれる場所に立ち会ったわたしの記念の一句ともなる。

 

だれかの一句が、わたしの一句になる。その場でわたしが贈った俳句も、わたしの俳句でありながら、その場にいる人たちの俳句になる。なんて素敵なことだろう、と思う。わたしが、俳句を通して一番伝えたいのは、その感覚なのかもしれません。

 

俳句が、内と外の境界をあいまいにする。誰かの喜びを、自分の喜びだと感じられるのは、幸せな一瞬。ワークショップは、そんな幸せを何度でもわたしに与えてくれる。

 

 参加してくださった方の、一句ができたときの、誇らしいような恥ずかしいような、なんとも言えない嬉しい表情を見ると、心が満たされます。大人も子供も、年代も関係なく、住む場所も国籍さえも関係ない。自分の一句を手に入れた時、表情が突然に輝くのは、同じ。

 

その輝きが、わたしの活力です。これからも、ワークショップの場で、たくさんの輝きに出会えますように。

 

2012314

大高 翔